リース審査が落ちた…どうすれば良いの?

パソコン、複合機のようなOA機器は
リース契約ができ、毎月のリース料はリース会社に支払いとなります。

例1)
物件価格100万円の複合機を5年リースした場合
料率を1.80%計算 1,000,000×1.80= 18,000が月額リース料金。
総額1,048,000円 金利 48,000円

こちらで審査が落ちてしまった場合どうすれば良いか。答えは他の会社でリース審査を行うです。
リース会社によってそれぞれ審査基準も違います。

三井住友ファイナンス&リース ・オリックス ・クレディセゾン・ アプラス ・スマートレンダー ・オリエントコーポレーション

ジャックス ・シャープファイナンス ・NTTファイナンス・ 日立キャピタルNBL ・ビジネスパートナー・リコーリース  etc….

上記はOA機器をリース契約出来るリース会社になります。
私共のような販売店は、リース審査をよくしていて通りやす且つ、料率が低い会社でリース契約書を取得するケースが高いです。

先程、例で紹介したお客様は違うリース会社で審査をした所、審査OKになりました。
物件価格100万円の複合機を5年リースした場合
料率を2.00%計算 1,000,000×2.00= 20,000が月額リース料金。
総額1,200,000円 金利200,000円

このようにリース金利=リース会社の利益差分が高くなれば審査可決率が高くなります。

弊社では審査が通りにくい傾向にある新設法人様をメインにリース契約を

頂戴しておりますので審査可決率には自身があります!

これから機器を導入予定のお客様、お入れ替えをご検討のお客様

是非、アーチ・コミュニケーションズまでお問合せ下さい!

top-toiawase